日本人は「日本人」たるべし
(平成29年)

針原 崇志

ネットで日韓関係を描いた面白い風刺画を見つけたので紹介します。
イギリスの風刺画家が描いたらしいのですが、第三者の目からも韓国はちゃんとこんなふうに見えてるんですね。上手く描いたもんだな、と何度見ても笑ってしまいます。

それと同時に、上の風刺画の日の丸と大極旗を入れ替えたら、頭の中が韓国でいっぱいのネトウヨそのものじゃないか、とも思いました。
つまり、ネトウヨと韓国人は同レベル。
目くそが鼻くそを笑ってるだけなのではないのでしょうか?

相手がいかに醜悪だからといって、それに合わせてこちらまで醜悪になる必要はありません。
日本人はあくまでも日本人らしく、気高く立派な民族であるべきです。

では、気高く立派な「日本人らしい日本人」とはどのようなものか?
その指針を示したのが、教育勅語ではないでしょうか?
礼儀正しく、温和で謙虚、勤勉で、遵法意識が高く、有事にあっては勇猛果敢に戦う・・・
日本人は、そんな「日本人」であるべきです。

かく言う私自身、教育勅語の徳目をほとんど実施できていない、けっして先人に顔向けできるような立派な日本人ではありませんが、少なくとも、その方向性だけは持ち続けたいと思っています。

なので、森友問題の渦中にある籠池氏が幼稚園児に教育勅語を暗唱させたのも、決して間違ったことではなく、むしろ正しいことだと思っています。
(「安倍首相ガンバレ!」は私もドン引きしましたが・・・)

ただ問題なのは、籠池氏自身が教育勅語を全く体現できていなかった点です。
「安倍晋三記念小学校」設立まで謳いながら、我が身が危うくなるや、やぶれかぶれになって安倍内閣を道連れに心中しようとする醜悪さ・・・
いかに立派なことを主張していても、主張する人間自身がクズだったら、主張内容(教育勅語)自体も貶められてしまうわけです。籠池氏は、教育勅語を貶めた、万死に値する売国奴、大罪人です。

同様に、仮にネトウヨの主張内容が非の打ちどころのない正しいものであったとしても、それを主張するネトウヨ自身がクズであれば
「またネトウヨのクズどもがワケのわかんないこと言ってるよw」
と一笑に付され、主張内容自体が貶められてしまうのではないのでしょうか?

立派なことを主張したいと思うのであれば、まずは主張する自分自身を正すよう、心がけるべきではないのでしょうか?


ちなみに、韓国に対しては、こんなふうに華麗にスルーするのが一番じゃないですかね(笑)

HOME